介護福祉の専門学校でスキルを学んで資格を取得しよう

病院の受付

介護業界で活躍できる知識とスキルが欲しいなら介護福祉専門学校へ

介護に関する知識や資格は、仕事をする中で身につけていけば良いと考える人もいるでしょう。しかし、日々業務に追われる忙しい職場を選んだ場合は、介護に関する専門的な知識などを身につける余裕がない状態となってしまうことも少なくありません。ただ介護業界で働くのではなく、将来的にはキャリアアップも目指したいというのであれば、いきなり介護業界で働くのではなく、まず介護福祉専門学校で知識やスキルを身につけていくことがおすすめです。介護福祉専門学校の魅力は、3年の実務経験がなければ、受験資格を得ることができない介護福祉士の受験資格を、2年で取得できることです。2年制の介護福祉専門学校で学んだ場合、国家資格となる介護福祉士の資格を取得した状態で就職をすることができます。絶対に必要となる資格という訳ではありませんが、介護福祉士の資格を持っていれば就職面で有利になるだけでなく、資格手当がつくなどの優遇も期待することができるでしょう。さらに、そのまま5年以上勤務をしてケアマネージャーを目指すなど、キャリアアップを考えた働き方も可能となります。そのため、介護業界に興味を持っているのであれば、専門学校で学ぶところから始めておくと良いでしょう。